進化成長、役に立ち、満足を育む。確かな臨床と研究に基づき、伴侶動物たちと一緒に命を輝かせる、価値ある情報と対策をお届けするサイトです。by株式会社ヴィファーム

CART

合計数量:0

商品金額:0円

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

CALENDER

▼2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
▼2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
※赤字は休業日です

FAX

FAX注文用紙

携帯はこちらから

QR
ニキビダニ症
なぜ発症するのか・・・、その要因は複雑ですが何らかの要因で生体防御機構の低下がある犬に症状が出やすいと考えられます。
子犬の場合、栄養状態が悪かったり、また、遺伝的体質によっても発症しやすい犬種があるようです。成犬の場合、老齢期では体力や免疫力の低下が目立ってきますが、乳腺ガン、糖尿病、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症などを患っていると、発症しやすくなります。
寄生虫は宿主(動物)と共存関係にあるのが本来の状態ですが、自然免疫が低下しているとバランスを崩しやすくなり、ダニが異常に繁殖することがあります。安易に皮膚薬を使用すると、症状を悪化させることもあります。

治療法には殺ダニ剤を投与(塗布・皮下注射・経口)したり(ダニの卵には効かない)、薬用シャンプーを併用して使うこともありますが、ボーダーコリー、シェルティ、コリーなどは副作用が強く出ることがあるので要注意です。
発情や妊娠が発症のきっかけになることもあるので避妊・去勢手術をする場合もあり、また、膿皮症などを併発すれば抗生物質を投与することもあります。
腫瘍や糖尿病などで弱っていると慢性化したり悪化する場合も多いので、それらの治療も並行して行う必要があります。
アトピー性皮膚炎があって、かゆみを抑えるためにステロイド剤を使用すると、免疫力がより低下することによって、症状がさらに悪化する場合があります。
治療は長期間に渡って行われますが、軽い症状であっても1ヶ月以上、症状がひどい場合は半年、1年以上をいう場合もあります。途中で治療を中断すると、生き残った卵が孵化して繁殖し再発することもあり、ステロイド剤を使用している場合などはさらに複雑な症状を招くこともあります。

ニキビダニ症は、体力の低下、慢性疾患の影響、遺伝的体質、加えてストレス過多などが関係しています。
ニキビダニに負けないように、よせつけないように、そのためには自然治癒力や抵抗力を養うことがポイントです。レンチンコップをお試しください。
自然免疫の低下を防ぎ改善させた結果と考えられますが、写真のワンちゃんたちは健やかさを取り戻しています。
ニキビダニ症
レンチンコップ
レンチンコップ
レンチンコップ
レンチンコップ
レンチンコップ
レンチンコップ
定期購入
詳細はこちら
ご購入はこちら
定期購入はこちら